top of page

群蝶に竹図鍔 銘 間

 伊勢国亀山に栄えた鐔工間(はざま)派は近江国国友の鉄炮鍛冶の出。火縄銃の銃身に施された象嵌技術を鐔に活かし、鉄地と砂(さ)張(はり)と呼ばれる渋い色調の金属との組み合わせの妙趣が高く評価されている。

鐔の表面に彫り込まれた文様部分に溶融した砂張を流し込む砂張象嵌の技術が特殊で、溶融した金属が固化収縮する際に砂張の一部に隙間や小穴が生じる、その自然な風合いも好まれるところ。この鐔では表に乱舞する蝶、裏に笹竹を意匠し、対比の美観を突き詰めている。

図は華やかながら、敢えて沈んだ色調としているのは実用を意識したものであろうか。

群蝶に竹図鍔 銘 間
bottom of page