top of page

網代鉄線花に蝶図鐔 無銘 仙台金工

 網代垣に絡みついて蔓先を延ばす鉄線花。これに蝶が誘われ来た場面に取材したものであろう、写実味がありながらも見事な文様美とされている。しっとりと落ち着いた朧銀地を高彫とし、網代模様は実際に織り込んだように繊細で緻密。鉄線花も蝶も華やかで、蝶の羽根には平象嵌が施されている。工夫された地模様と平象嵌の組み合わせは、草刈清定など仙台金工の特徴の一つである。

網代鉄線花に蝶図鐔 無銘 仙台金工
bottom of page