網代糸巻図鐔 銘 正阿弥重常

 重常は、重吉(伝兵衛)‐重高(伝内)‐重常と続く秋田正阿弥派の名流。江戸に出て土屋安親にも学び、修業の後に秋田に戻り、師と共に佐竹家に仕え、家督を継いで伝七と銘している。この鐔は、秋田金工が得意とした文様表現からなる作。鍛え強い鉄地を糸巻形に造り込み、鋤彫で網代模様を全面に施し、七宝文様風に十字に仕立てた切羽台の周りには、唐草文を正阿弥派の得意とする金の布目象嵌で表している。初祖伝兵衛を思わせる出来となっている。

網代糸巻図鐔 銘 正阿弥重常