結雁金透図鐔 無銘 甲冑師

 質朴な地鉄に簡潔な文様が施された優品。装飾を控えた地鉄ではあるが、質の良い鋼によって鍛えが強く緊張感に満ち、色合い黒く光沢がある。全面に施されている阿弥陀鑢は強弱変化に富んで鑑賞の際に触れる指先を心地よく刺激する。わずかに打ち返して筋立てた耳も過ぎることのない存在感があり味わい深い。殊に陰に意匠した雁金文が印象深く本作の美観の要と言い得るが、実は素材、鑢目、薄手の造り込み総てが調和の美観を造り出しているのである。

結雁金透図鐔 無銘 甲冑師