top of page

紋散透図鐔 無銘 古赤坂

 抜刀に適した、小振りに引き締まった造り込みの鐔。初、二代忠正、三代忠虎は、在銘作がなく、赤坂独特の崩し絵風の意匠と、合せ鍛えの層状の鍛え肌が顕著で古風な地鉄から、特に古赤坂と呼び崇められている。この鐔は、尾張鐔風の意匠ながら鉄色黒くねっとりとした光沢があり、透しに赤坂の特徴が現れているのみならず、耳の周囲と透しや櫃穴の切り口に、鍛え目が杉板の肌のように、あるいは筋鉄骨状に際立って観察される。

紋散透図鐔 無銘 古赤坂
bottom of page