糸巻透図鐔 無銘 金山

 拳や踝の骨が表皮に突き出しているように見える鉄骨は、鉄地からなる古作のみに見られる働きである。質の異なる鋼を鍛え合せたことから生じたものと思われ、武骨でしかも創意のない自然な景色となっている。鐔の図柄とは無関係に現れることから素材の美観として捉えられ、数奇者は掌の中で肌合いを愉しむという。糸巻の図柄は小振りな造り込みと共に武用に徹して簡潔。色合い黒くねっとりとし、耳に走る筋状、瘤状の鉄骨はさらに黒く光沢も強い。

糸巻透図鐔 無銘 金山