top of page

籠目透鍔(鐔) 無銘 古正阿弥

 竹籠の網目模様を意匠化した籠目文。正三角形を逆向きに重ねた六芒星は、陰と陽、相対するものの調和を意味し、邪気を祓うと信じられてきた。その六芒星の連続模様が籠目文である。古来より衣服や器物の文様として採り入れられてきた。この鐔は全面に細かな籠目模様が透かされ、しかも小柄・笄櫃は五芒星を暗示する五角形である。陰陽道では五芒星もまた魔除の呪符として用いられた。手に馴染む質感で深い錆色を呈した鍛えの良い地鉄は切込みの浅い木瓜形で、耳に向かってなだらかに肉を落とす。変わった形の櫃穴と共に時代の上がる鐔の様相を表し、何とも言えない魅力に溢れている。

籠目透鍔(鐔) 無銘 古正阿弥
bottom of page