top of page

節句飾図小柄 銘 紋廉乗 光晃(花押)

 代々の繁栄を祈って神棚に供える橙と、端午の節句に飾る束ね菖蒲を題とした小柄。ここに採られているのは橙に根曳きの菖蒲で、後藤家の風格ある高彫表現によって武家の風習が示されている。綺麗に揃った漆黒の赤銅魚子地を高彫とし、橙は独特の形そのまま立体的に表わし、鮮やかな金の色絵を施して微細な点刻を加え、菖蒲には虫食いの痕跡まで施している。後藤宗家十代廉乗の作であることを同十六代光晃が極めたもので、黒と金の対比を活かした伝統の美しさが示されている。

節句飾図小柄 銘 紋廉乗 光晃(花押)
bottom of page