筆に唐墨図鐔 銘 早乙女家貞

 甲冑工らしい武骨な風合いが魅力の鐔。鍛えた鎚の痕跡が全面に遺された上に焼手が加えられたのであろう、激しい地相を呈しており、時を重ねてねっとりとした光沢がある。指先で弾くと古調な響音がありこれも魅力。図柄は古墨の肉彫に、意匠された筆の陰透で、簡潔な構成もまた伝統的。常陸に隆盛した早乙女家貞は、相模国小田原でも製作している。

筆に唐墨図鐔 銘 早乙女家貞