top of page

筆に唐墨図笄 無銘

 加賀前田家に伝来する顕乗、覚乗、程乗三人極めの銘がある祐乗の将棋駒図笄と同様の魚子が肩から耳掻にまで施された珍しい作である。ほっそりとした優美な姿。地よりほんの僅か鋤出された眉形、蕨手、木瓜形に沿った線には金色が輝く。極く微細な魚子地に金銀素銅で表されたのは筆と唐墨。唐墨と筆の軸は平象嵌で、穂は赤銅地に黒化した銀色絵。先端のみ赤銅地を残し、恰も墨を含んだように見せた心憎い演出が楽しい。

筆に唐墨図笄 無銘
bottom of page