笹舟蜘蛛図鐔 銘 城州西陣住正阿弥 市郎兵衛政徳作

 市郎兵衛の個銘が刻された正阿弥政徳の鐔。正阿弥政徳は、埋忠派と共に京において琳派の美観を装剣小道具に展開した金工。京の風景や雅な事物を文様として表現するを得意とし、繊細な布目象嵌を駆使した名品が多く遺されている。この鐔では、うっすらと雪を被った山野が背景であろうか、笹舟で新たな地を求める蜘蛛を主題としている。筆絵のような松と柳、波は鋤彫でこれも文様風。平目地蒔絵のような銀象嵌の雪が活きている。

笹舟蜘蛛図鐔 銘 城州西陣住正阿弥 市郎兵衛政徳作