top of page

笠透図鐔 無銘 西垣勘四郎

 西垣勘四郎は慶長十八年の生まれ。金工平田彦三に技術を学び、細川三斎より古典に通じる美意識を学び、殊に茶の美観を鐔上に表現することで特徴を成し、肥後を代表する名流の一つとなった。細川三斎が学んだ千利休の茶に通じる、剽げたとも評される歪みを含む地造りに勘四郎の個性があり、この鐔においても鋤き込んだ地面の自然な抑揚に、彦三の轆轤鑢とは異なる素朴な表情が窺える。耳際の雷文風銀象嵌も勘四郎の得意とするところで、錆味渋く色合い黒々とした鉄地に、深く沈んだ光沢のある銀の風合いが活きている。

笠透図鐔 無銘 西垣勘四郎
bottom of page