top of page

竹虎透図鐔 無銘 薩摩

 竹林に潜んで獲物に狙いを定める虎の姿を捉えた、薩摩金工独特の造り込みになる鐔。素材は激しい打ち合いに耐える強靭な鉄地。色合い黒く光沢が強く、肉厚く地造りされて頑強な印象があり、操作性から小振りに仕立てられている点も薩摩風。竹の幹を意匠した厚手の耳に竹の節が鉄骨風に骨太な感がある。量感豊かに彫り出された虎も薩摩の色合いが濃く、所々に施された金の布目象嵌が活きている。薩摩金工で虎の図を得意としたのは小田派や小野田派。

竹虎透図鐔 無銘 薩摩
bottom of page