top of page

竹虎図鐔 無銘 庄内

 安親の影響が色濃くうかがえる本作は、兄弟弟子の庄内金工在哉の作であろうか。二人は共に珍久の弟子であり安親出府後も生涯を通じて交流を持った。 やや横広がりの安定感のある竪丸形は厚手の鉄地に槌目を打ち施し、大和絵の手法ですやり霞を配し、竹と虎を鋤き出す洒落た構図。裏は龍の存在を暗示する横殴りの雨と雲。耳には金色の覆輪を廻らせ拵装着時の美観を高めている。

竹虎図鐔 無銘 庄内
bottom of page