竹虎図鐔 無銘 小田直教

 小田直教(なおのり)の作と極められた、薩摩金工の得意とする竹林に猛虎図鐔。小田派は薩摩金工の中でも中核を成し、覇気ある作風で人気が高い。この鐔は、薩摩示現流の剣術に適した小振りの仕立て。鍛え強く緻密に詰んだ良質の鋼を用いており、色合い黒々として光沢強く、高彫部分も柄を握る指先に障りのない高さながら猛虎の周囲をわずかに彫り込むことによって図柄の立体感を高めており、殊に虎の身体には動きが感じられ、厳しい顔も目玉の金象嵌が活きている。

竹虎図鐔 無銘 小田直教