竹虎図無貫 無銘 伝後藤乗真

 後藤宗家三代乗真の作と極められた、豪壮で華麗な猛虎図目貫。薄手の仕立てで打ち出しが強くふっくらと量感があり、さらに際端が絞られて立体感に溢れた、室町時代の金工作品の特徴が良く現れている作。素材の金無垢地は色合いが鮮やかで暖か味があり、一際明るく冴え冴えとしている。また、小さい金具ながら手にして重く、高位の武家の拵の備えに相応しい貫禄が備わっている。上三代の中でも乗真の作は覇気に溢れて人気が高い。 
特別保存刀装具鑑定書(伝乗真)

竹虎図無貫 無銘 伝後藤乗真