竹林秋草図鐔 銘 芸州住吉久作

 極めて珍しい安芸国の鐔工吉久の作。銘鑑には清左衛門とその子庄三郎がある。この鐔は、鉄地を厚手に仕立て、特に耳際に量感を持たせて布袋腹状の造り込みとし、高彫に金銀素銅の象嵌を加え、表は竹林、裏には秋草を配し、江戸時代後期とは思えぬ素朴で古調な風合いを漂わせている。特に地鉄は鍛えた鎚の痕跡が明瞭で抑揚があり、象嵌の技法も彫込様式で古調。古作に挑んだものであろう桃山期の平安城象嵌を思わせる出来となっている。

竹林秋草図鐔 銘 芸州住吉久作