竹林図鐔 無銘 秋田正阿弥

 出羽秋田の佐竹家に仕えたのが伝兵衛を初代とする秋田正阿弥派。独創的な文様表現を得意として伝内重高、伝七重常、重央と続いている。この地では、安親の影響を受けた以降は作風に幅が広がり、絵画風の洒落た鐔も遺されている。この鐔は、竹林を印象的な文様風景として表現したもの。縦の線が重なって瑞々しい竹の香りが思い浮かぶ。処々の葉も空間に変化を与えている。

竹林図鐔 無銘 秋田正阿弥