立浪貝尽図鐔 銘 菊池満重(花押)

 横谷の流れを汲み、江戸に栄えた菊池派の満重の作。赤銅地を厚手に仕立て、全面に円周状の細やかな魚子地を打ち施して砂浜に見立て、寄せ来る波は古金工に倣った薄肉彫。ところが、貝殻は実体像を想わせる極肉厚の高彫。殊に栄螺は突起が鋭い。耳は金色絵。
保存刀装具鑑定書

立浪貝尽図鐔 銘 菊池満重(花押)