top of page

稲穂に雀図縁頭 銘 柳川直春花押

 柳川直春は、柳川家の三代目。宗珉の弟子だった初代直政に次ぐ高い技量の持ち主であっただけでなく、河野春明はじめ数多の金工を育てた。珍しい鉄地の本作は、細身で腰の浅い洒落た造り込み。たわわに実って首を垂れる稲穂に丸々とした雀の取り合わせは豊穣を表す吉祥文である。ふっくらとした高彫に金象嵌の稲穂は正に黄金色の実り。高彫した素銅を据紋象嵌した雀は、阿吽の吉相である。瞳に金、嘴に赤銅、頬と腹に銀、背中の模様は赤銅の色絵である。腹と足を見せて飛ぶ翼の様子も克明に彫り描いている。

稲穂に雀図縁頭 銘 柳川直春花押
bottom of page