top of page

稲束図透鐔 銘 佐州住利貞

縁起の良い米俵図の透鐔を得意とする佐渡の鐔工利貞の、写実的な描写が冴え渡る稲束図透である。鍛えの良い地鉄は深々とした錆色を呈し、刈りとった稲束をくるりと丸くしたそのままの形状で葉や茎の克明な彫刻は耳にまで及ぶ。ふっくらとした米粒一つ一つに豊穣祈願と感謝が込められている。利貞は巧手であるが、本作を見て、改めてその技量の高さが実感させられる。

稲束図透鐔 銘 佐州住利貞
bottom of page