top of page

秋草図鐔 無銘 美濃

 文様を垂直に深く彫り出し、咲き乱れる秋草を恰も空間に浮かび上がるように表現した美濃鐔の典型作。深い地の底に微細に魚子を撒き、更に櫃穴と鐔の縁にも魚子を打ち施している。拵に装着した時の美観も考慮し、耳には丁子唐草の高彫金色絵。上品で華やかな作である。

秋草図鐔 無銘 美濃
bottom of page