top of page

石橋図鐔 銘 渡部一誠(花押)

 渡部一誠は、会津正阿弥派の名工林正光から精巧で精密な高彫表現からなる金工技術を学んで後、さらに江戸に出て後藤一乗の高弟船田一琴に最新の技術と感性を学び、故郷会津若山で独立している。この鐔は、一乗が製作した石橋図鐔を手本とし、同じ主題と同じ寸法、同じ鉄地高彫ながら簡潔な構成とした作で、一乗の本歌を見るが如き出来栄え。山並みと遥か彼方へと延びる石橋は霞むような描写。橋上で遠くを見つめる獅子と対比させるように、裏面は満開の牡丹花が一輪のみで鮮やかさが際立っている。

石橋図鐔 銘 渡部一誠(花押)
bottom of page