top of page

矢ノ根図二所 銘 仙寿

 刀身彫刻で無鑑査に認定された柳村仙寿師は、鐔や小柄などの装剣小道具も遺している。この二所は、刀身彫刻の技術を活かした覇気ある作。上質の鉄地を微細な石目地に仕上げ、直線的に鋭さを表現して肉高く彫り出された矢ノ根は同じ鉄地に金の布目象嵌で、波文が片切彫で施された銀の地板に据紋されている。矢ノ根の先端は硬く鋭い。この印象は海戦で飛び交う矢。即ち源平壇ノ浦の合戦が主題であろう。

矢ノ根図二所 銘 仙寿
bottom of page