top of page

瓢鯰図目貫 無銘 加賀後藤

 禅に通じる画題として最も有名なのがこの瓢箪鯰。足利将軍の命で如拙が描いた水墨画が基礎になっており、多くの武人がこの問いに応じている。金工では、加賀後藤と呼ばれる加賀前田家に出仕していた後藤程乗などが同図を遺している。問いは、もちろん瓢箪で鯰を捕える方法が目的ではない。このような思索が武人にとって必要であることを暗示しているのである。鯰を大きく心象的に意匠し、赤銅地を打ち出し強く容彫とし、金銀の色絵と細やかな平象嵌を施している。

瓢鯰図目貫 無銘 加賀後藤
bottom of page