瓢箪透図鐔 銘 武州住岡田正豊

 岡田正豊は長州鐔工の一人で、江戸の伊藤派に学び活躍の場も江戸であった。伊藤派及び長州鐔工が得意とした、正確で精巧な彫口からなる植物図を遺している。本作も複雑に絡みあう瓢箪の蔓を全面に構成し、その奥行き感をも立体的に描写している。鉄色黒々として光沢があり質の良さが指先に伝わりくる。葉脈の様子を表裏違えて彫り表し、花は大きく、瓢箪の身も艶やかに再現している。

瓢箪透図鐔 銘 武州住岡田正豊