瓢箪から駒透図鐔 無銘 京正阿弥

 瓢箪から駒の諺を、京に栄えた正阿弥派の華麗な技法で表した作。正阿弥派は阿弥衆の流れを汲むと考えられ、歴史が古く、京の雅な風合いを鐔面に展開して隆盛し、他の地にも影響を及ぼしている。江戸時代の京正阿弥派の特徴は濃密な金布目象嵌で文様を加えるところ。この鐔でも、色合い黒々とした鉄地を肉彫に仕立て、瓢箪に桐唐草を鮮やかに加えている。

瓢箪から駒透図鐔 無銘 京正阿弥