top of page

琵琶・太刀透鍔(鐔) 無銘 林


 又七の代表作に「太刀折紙透鐔」がある。切り込み深い十字木瓜形に太刀と折紙を陰透し枯れ木象嵌を施した、畏怖の念を抱く作品だ。本作は太刀と琵琶。写し物というよりは別物であるが、林派にとって太刀透は特別な画題であろう。形状は切込みの浅い穏やかな木瓜形。黒々として手触りの良い滑らかな地鉄の表面には極めて微細でチリチリとした縮緬のような風合いの肌が見える。太刀には一の足、二の足と太刀緒の浅い毛彫が加えられ、小柄櫃の半月型を琵琶の月形の装飾としている。琵琶と太刀。『平家物語』の暗示であろうか。あるいは理想的な武士の在り方、「文武両刀」かもしれない。
特別保存刀装具鑑定書

琵琶・太刀透鍔(鐔) 無銘 林
bottom of page