top of page

琴柱に枇杷図目貫 無銘 古金工

  糸の付いた琴柱と枇杷の木。判じ物のような画題である。これは柱(じゅう)を持つ楽器、「琵琶」表しているのであろう。楽器の琵琶と果物の枇杷、先に名付けられたのは楽器の方だという。余談だが、平安時代の文学に最も多く登場した楽器は琵琶なのだそうだ。『徒然草』には、「常に聞きたい楽器は琵琶と琴である。」との記述がある。赤銅地を容彫とした本作は古風な抜け穴の様子も鑑賞のポイント。

琴柱に枇杷図目貫 無銘 古金工
bottom of page