珠追龍図鐔 銘 法安兼信

 法安一門は焼手腐らかしによって独特の鉄味を呈する鐔を製作して人気が高い。初代は尾張の出で、後に紀伊に移住、兼信は二代目久次同人で、寛永から元和頃の工と考えられている。この鐔は、鎚の痕跡が残るねっとりとした地鉄に、細い毛彫で珠追龍を彫り描き、耳際には唐草文を銀布目象嵌で施している。興味深いのは切羽台に矩形の毛彫が施されている点。南蛮鐔の風合いを手本としたものであろう。

珠追龍図鐔 銘 法安兼信