獅子図鐔 無銘 長州鐔工

 岩上から谷底を見下ろす獅子。瀧が流れ落ちるその下方には子獅子がいるのであろう、獅子の児落しを暗示する図。長州鐔工は江戸の伊藤派に学び、質の良い鉄地に山水図や植物図を精密に彫り描くを得意として栄えた。この鐔も、山水風の構成に獅子を大きく採り、量感のある高彫に金の象嵌を加えて立体感と奥行き感を鮮明にしている。

獅子図鐔 無銘 長州鐔工