猪目括猿透図鐔 無銘 古甲冑師

 鍛え強い鉄地を適度な大きさの薄手に仕立て、打返耳の地面を寄せて桶底耳に仕立てた、時代の上がる実戦な甲冑師鐔。鍛えた鎚の痕跡を明瞭に残す地面はねっとりとしており、耳には細い筋状の鉄骨が窺える。
存刀装具鑑定書(古甲冑師)

猪目括猿透図鐔 無銘 古甲冑師