牡丹霊獣図鐔 無銘 京正阿弥

 江戸時代における南蛮鐔の流行は異国への憧れが根底にある。長崎や平戸などでの南蠻鐔は良く知られているが、想いは我が国の伝統文化に彩られた京都においても同様であった。この鐔は、宝珠を中央に鳳凰を左右対称に、下方には牡丹を布置、耳には小円を連続させている。裏は鳳凰を鯱に代えて意匠構成にも変化を持たせている。装飾技法は京において栄えた正阿弥派の金銀赤銅による濃密な布目象嵌で鮮やか。

牡丹霊獣図鐔 無銘 京正阿弥