top of page

片喰紋三双図小柄 銘 悠然居光親花押

 柔らかく光を放つ赤銅磨地に庄内藩酒井家の家紋、「丸に片喰紋」を三つ表している。鋤き込んだ地底に魚子を打ち施し、片喰紋はふっくらと立体的。黒一色の上品な小柄である。鷲田家は初代光時の代に庄内藩の藩工となった。四代目光親は弟光中と共に鷲田家最後を飾る名工である。藩主の指料の脇差に装着されていたものであろうか。

片喰紋三双図小柄 銘 悠然居光親花押
bottom of page