流水雲錦透図鐔 銘 山城国西陣住埋忠橘重義

 風景の文様表現は、琳派の美意識の要素。装剣金工では明壽に始まる埋忠一門が文様美を潜ませた優品を遺しており、本作が典型。散りかかる桜と楓は春秋対比の心象的表現からなり、古くから好まれた構成。京本国の重義の作。
保存刀装具鑑定書

流水雲錦透図鐔 銘 山城国西陣住埋忠橘重義