top of page

流水枝菊図三所物 無銘 脇後藤

琳派の創作意識が明瞭に映し出された菊水に取材した三所物で、京後藤とも呼ばれて京に栄えた後藤分家の作と極められている。小柄笄の線描写による波はわずかに肉高く、目貫のそれは彫り込み深く、この図では特に重要な部分。菊花は伝統のそれであり、総体の洒落た風合いの中に後藤家によって守られた構成と美しさが濃縮されている。哺金の色合いも鮮やかであり、蝋色塗鞘の拵に映えるであろう。

流水枝菊図三所物 無銘 脇後藤
bottom of page