top of page

波透図鐔 無銘 二子山

 二子山(則亮)と極められている、抜刀術に適した柳生鐔を思わせる小振りで引き締まった造り込みの作。よく鍛えられた鉄地を木瓜形に作り込み、走り行く車の如く波を意匠している。この波の動きに剣術の奥義が示されているのであろう。鉄色黒く渋い光沢に包まれており、波は次々と繰り出す剣先のようにも見える。二子山則亮は江戸時代後期における柳生鐔の製作者の一人である。

波透図鐔 無銘 二子山
bottom of page