top of page

波濤図縁頭 無銘 西垣

 浅く細長い頭は棗形、腰の低い太鼓形の縁は40mmを超える。落ち着いた色合いの真鍮地に立浪を横から見た図を鋤出高彫とした肥後金工西垣が得意とした作である。

波濤図縁頭 無銘 西垣
bottom of page