top of page

波涛松樹透図鐔 銘 予州松山住正阿弥盛積

 京に栄えた正阿弥派の流れを汲む伊予正阿弥の作風は、隣国阿波正阿弥の華麗さに比して武骨な点が特質で、鉄地肉彫地透の手法になる文様化された風物図を多く見る。この浜辺の松樹を題に得た鐔も、鉄色黒く光沢強く素材の良さを示し、図柄は独特の誇張された枝振りに迫力がある出来。特に打ち寄せる波は、地透の効果で躍動的。明和年紀のある鐔を遺している盛積(もりつみ)は、盛国や盛富などと共に江戸中期の伊予を代表する鐔工の一人。

波涛松樹透図鐔 銘 予州松山住正阿弥盛積
bottom of page