水仙図二所 銘 中川勝継(花押)

 勝継は、作州松平家お抱え金工中川家の八代目。子に幕末を代表する正阿弥勝義、中川一匠、一的(勝敬)がおり、江戸に出て学んだ安田方常より受け継いだ、後藤風の堅実な高彫色絵からなる表現を得意としている。この二所も、細やかに揃った赤銅魚子地を山高く谷低く立体的な高彫に仕立てて金銀の色絵を加え、特に鏨の痕跡が残らぬよう表面を平滑に仕上げ、清楚な印象がある水仙の花束を上品に彫り表している。

水仙図二所 銘 中川勝継(花押)