櫂透夕顔図鐔 無銘 平安城象嵌

平安城象嵌と分類される作品群の頂点とも言い得る逸品。真鍮象嵌は、鉄地一色の刀匠鐔や甲冑師鐔などの実用鐔に鮮やかさを添えることとなった。本作の大振りで耳を環状に仕立てた八角形は骨太な印象、櫂と水面に揺れる日輪の意匠、カランと乾く響音などからも甲冑師鐔の流れを汲んでいることは明白。唐草に表現した夕顔の文様は、加えられた点刻と毛彫共に拙い描法で味わいが格別。 保存刀装具鑑定書(平安城象嵌) 

櫂透夕顔図鐔 無銘 平安城象嵌