top of page

樋定規に山葵図笄 無銘 古美濃

 肩をいからせた大振りの堂々とした笄である。背面を平らに削ぎ、耳掻きの立ち上がりは鋭角的。この造り込みからも時代の上がる作であることがわかる。長大な刀の豪快な拵に備えられていたものであろう。素朴な味わいのある山銅地に展開されるのは薬種である山葵と武士の規範を暗示させる樋定規。文様を深く鋤下げ、その際を削ぐように処理することで図像の彫口の線が際立ち、立体的に宙に浮かび上がっているように感じさせる古美濃独自の彫り方に古調が漂う。山銅地に枯れた風合いの金色絵が調和して味わい格別である。現今はこのような古笄も多くは市場に出なくなった。

樋定規に山葵図笄 無銘 古美濃
bottom of page