楼閣山水図鐔 銘 利春

 奈良派は安親、利壽、乗意などを輩出した江戸を代表する流派。利春は奈良三代利永に学んだ利長の弟子で、江戸出府間もない頃の安親も製作したように古典の山水図を手本とした絵画的な作風を得意とし、この鐔でも赤銅地を高彫に色絵を加え、折り重なるような懸崖の続く深山と小舟の行き来する湖水の遠く霞む様子を、巧みな構成で彫り表している。銅と金の合金からなる漆黒の赤銅地に、金朧銀素銅の色絵が鮮やか。
保存刀装具鑑定書(奈良派)

楼閣山水図鐔 銘 利春