梅花文小透図鐔 無銘 刀匠

 小振りに引き締まった、薄手の造り込みになる堅牢で実用に適した鐔。切羽台に比較して耳際がごくわずかに厚い張りのある構造とされており、鉄色黒々として渋い光沢があり、鍛えた鎚の痕跡が指先に伝わり来る、簡潔な表面仕上げながら味わい深い作。
保存刀装具鑑定書(刀匠)

梅花文小透図鐔 無銘 刀匠