top of page

梅花散図縁頭 無銘 西垣勘四郎

 肥後金工を代表する西垣勘四郎の個性が窺える縁頭。勘四郎は平田彦三の門人で、師と同様に細川三斎の茶の美意識を作品に活かすことで金工の特質を示している。殊に歪みを鐔に採り入れ、形骸化しない造形美の魅力を自然体で表現しており、その作風は縁頭にも及んでいる。素銅地のこの縁頭は、戸樋形の縁と棗形の頭に仕立て、文様化した梅の花を平象嵌の手法で散し配している。象嵌の線は細やかで、点象嵌は香り起つ梅の表現として巧み。

梅花散図縁頭 無銘 西垣勘四郎
bottom of page