梅花散図大小鐔 無銘 神吉楽寿 (肥後)

 肥後細川家が使用している家紋の一つに桜があり、肥後鐔の意匠として桜が採られた作が多い。神吉楽壽のこの大小鐔も満開の桜花が魅力で、鉄地一色ながら風情がある。肥後金工には茶の美意識が備わっており、華やかであっても過ぎることがないところが特質。鉄地は色合い黒く、桜花はしっとりとした高彫、毛彫の花芯が活きている。地面を子細に観察すると、耳際に鍛え肌が流文状に現れており、これを川の流れに見立て、竜田川を意図したものか。

梅花散図大小鐔 無銘 神吉楽寿 (肥後)