梅桜花文小透図鐔 無銘 刀匠

 古くは自らが鍛えた太刀に添えて製作したのが刀匠鐔とも言われている。それらは素材である鋼に強靭な趣があり、時に鍛え肌が現れて古作としての味わいが格別である。切羽台に比較して耳際を薄手に造り込んだこの鐔も鉄色黒々として室町時代にまで上がる風合いが感じられ、地面の鍛えた鎚の痕跡も味わい深く、簡潔に透かしぬいた梅と桜の穴が鮮やか。戦乱を経た実用の時代の鐔である。

梅桜花文小透図鐔 無銘 刀匠