top of page

桜花散図縁頭 無銘 西垣

 肥後金工らしい画題、桜花を散りばめた無銘 西垣の縁頭。明るい真鍮地は腐らかしによって微細な石目地仕上げとなっている。桜花は全体を薄肉に彫り出したものと輪郭線のみを薄肉彫りしたものの二種類。焼手により柔らかな印象を醸し出している。独特の力強い造形と淡く儚い桜が好対照を成す。

桜花散図縁頭 無銘 西垣
bottom of page