桐紋轡透図鐔 無銘 轡師

 馬具の轡を意匠に採り入れた鐔。古くは京都に一口派などの轡を製作していた職人があり、その技術を応用して刀の鐔に挑んだものと考えられている。鉄地を細く肉取りして大振りの丸に十字型の造り込みとし、表面には鍛えた鎚の痕跡を残して味わい深い肌合いとしている。十字の線は鷺足のように引き締まって緊張感と強みがあり、同作に多い桐紋を大胆に意匠して美観の要としている。葉脈の毛彫も古調で味わい深い。轡師鐔としては比較的健全な、標本的作となっている。

桐紋轡透図鐔 無銘 轡師