桐唐草文に九曜紋図鐔 無銘 柘植吉勝

 肥後金工というと、林などの渋い鉄地を思い浮かべるが、重厚な風合いの赤銅地に繊細な彫刻を施した鐔もある。柘植吉勝の本作が典型でしかも極上の仕立て。土手耳を廻らした木瓜形とし、鐔全面に桐唐草と細川家が用いた九曜紋を薄肉に表現している。この薄肉彫こそ、平田彦三などが得意とした酸による腐蝕によって文様を表す技法。彫り際が微妙に揺れてしかも複雑なその様子は魅力的。本作は小柄笄の櫃穴に金の内覆輪を施して美観をさらに高めている。

Ginza
Choshuya

日本刀専門店

月曜日ー土曜日 
9:30−17:30

〒104-0061 東京都中央区銀座3−10−4

電話番号 : 03-3541-8371
FAX : 03-3541-8379
株式会社 銀座長州屋

日本刀専門店 銀座長州屋ファインスオード
© Copyright Ginza Choshuya